荒川内科小児科医院

名古屋市中村区の内科,小児科,呼吸器科,消化器科,循環器科 荒川内科小児科医院

〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南5-1-6
TEL 052-331-0249

rss

トップページ»  今月の情報

~席エチケットでインフルエンザ予防と拡大防止

インフルエンザが流行する季節になりました。今年は例年より早く流行が始まっています。
しかし、早く流行が始まったからと言って、早終息するわけではありません。
また咳エチケットができないために、感染が広まってしまうことがあります。
 

~ インフルエンザの感染経路 ~

1.飛沫感染:
 感染している人のくしやみや咳などを吸い込むことで感染します。
 患者の2メートル圏内にいる人は感染の危険性があります。

2.接触感染:
 感染している人の鼻水、ツバなどがドアノブなどを介して他人の手に付着することで感染します。 

3.空気感染
 ウィルスは基本的にの生きた細胞の中で増殖します。
 しかし空気が低温で乾燥していると、咳やくしやみなどで飛んだツバが、長時間空気に漂いやすくなり、
 それを吸い込むことで感染してしまう場合があります。
 

~ 気を付けること ~

 ①咳エチケット
   咳エチケットとは、咳やくしやみを他人に向けて発さないようにするエチケットのことです。
   咳やくしやみが出ているときはマスクをして、ほかの人から顔をそらせるようにしてください。
   急に出てしまい、手のひらで受け止めてしまうとその手から他の人に移る可能性があります。
   なるべくティッシュで覆うようにし、使用したものはすぐに捨てましょう。
   もし手で受けてしまった場合はすぐに手を洗いましょう。
   人に広めないように心掛けることが大切です。

 ②マスクの着用
   一般的なマスクは、せきやくしやみなど飛沫感染対策になります。
   マスク内は湿度や温度が保たれるため、粘膜の乾燥を防ぎ、感染予防にもなります。
 

  ~プリーツタイプのマスクの着用方法~
   1.マスクの裏表と上下を確認
   2.プリーツ(ヒダ)を伸ばしてマスクを広げる
   3.顔に当てて、針金部分を鼻にフィットさせ、あごの下まで覆う
   4.隙間がないか確かめながら耳にひもをかける

  ~開運った着用方法として多いもの~
   ●口だけ覆って、鼻をだしている
   ●針金部分が鼻の形に合っておらず、鼻の横に隙間がある。
   ●ゴムがゆるく、頬などに隙間がある。
   ●着用していたマスクを顎にかけたり、洗っていない手で内側を触ったりして、マスクの
     内側の衛生を保っていない。

 ③手洗い・うがい
   インフルエンザの接触感染を予防するには、手洗いが大切です。ドアノブや電車のつり革、
   エレベーターのボタンなど様々なものに触れることにより、インフルエンザウイルスが付着します。
   外出先から帰宅したときや調理前後、食事前、.トイレ後などこまめに手を洗いましょう。


  ~正しい手洗いの方法~
   1.流水で手をよく濡らす
   2.石鹸を泡立て、手の平を良くこすり合わせ洗う
   3.手の平と手の甲とを重ね合わせ、手の甲と指の隙間をよく洗う
   4.手の先や爪の間を良くこする(爪先を手のしわに沿ってこするとよい)
   5.親指をもう片方の手の平で包み。ねじり洗いをする
   6.手首も忘れるずによく洗う
   7.よく洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルなどでよくふきとる  
 
 その他の予防方法

   ●適切な温度、湿度管理と空気の入れ替えで空気感染を防ぐ
   ●人混みや繁華街への外出はなるべく避ける。やむを得ず外出する時はマスクをし手洗いをこまめにする
   ●インフルエンザ予防接種を活用する。特に重症化しやすい子供、高齢者は予防接種を受けましょう
   ●バランスの取れた食事と十分な休養をとる
   ●冷えを予防して、免疫力を高める
  など   


~ 家族がインフルエンザになった時の予防方法 ~
家族が次から次へと感染してしまうこともあります。感染者を増やさないようにする為にも工夫が必要です。

 ●なるべく家族と離れた部屋で療養しましよう。
 ●室温20~25度、湿度50~70%にして、ときどき空気の入れ替えも行いましょう。
 ●看病する人をできる限り絞りましょう。
 ●看病する時は使い捨てマスクを着用し、嘔吐物の処理などには使い捨て手袋などを着用しましょう。
 ●看病した後のマスクや手袋はすぐに捨てましょう。ゴミ箱などにそのまま入れるとウイルスが
  そこから蔓延してしまうため、小さな袋などに入れてしっかりと口を締めて捨てましょう。
 ●家族がよく触れる、トイレやドアノブなどは清掃しましょう。消毒用エタノールを使用するとよいでしょう。

インフルエンザの感染力は強いので、一人一人が予防と拡大予防を心がけて行動し、
インフルエンザの猛威に負けないようにしましょう!