荒川内科小児科医院

名古屋市中村区の内科,小児科,呼吸器科,消化器科,循環器科 荒川内科小児科医院

〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南5-1-6
TEL 052-331-0249

rss

トップページ»  今月の情報

~食中毒は夏だけではありません!!冬は特に注意が必要!!~

年間の食中毒の患者数の約半分はノロウィルスによるものです

そのうち約7割は11月~2月に発生しており、この時期の感染性腸炎の
集団発生例の多くはノロウィルスによるものが考えられます。

感染力も強く、大規模な食中毒など集団発生を起こしやすいウィルスで
特に子どもや高齢者は重篤化することがあります
更にノロウィルスにはワクチンがなく、治療についても輸液など対策法が限られます。

罹ってしまうと非常に厄介なノロウィルス。
予防を徹底することが重要ですので注意するポイントをおさえておきましょう!

 

~ 感染経路と症状 ~

 ノロウィルスは手指や食品などを介した経口で感染し腸管で増殖
 感染して約24時間~48時間で嘔吐・下痢・腹痛・微熱などの症状をおこします

 これらの症状は1~2日間続いた後に治癒し後遺症は発生しません。

 健康で体力のある方は感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。
 

~ 具体的な感染経路 ~

 ①人(手指)からの感染
   ・便や嘔吐物などに触れた手などを介して経口する二次感染
   ・家庭や施設内などの飛沫が体内に入り感染
  など

 ②食品からの感染
   ・感染した人が調理した食品を食べた場合
   ・ウィルスの蓄積した加熱不十分な二枚貝などを食べた場合
  など

 過去のノロウィルス食中毒の事例では役7割で原因食品が特定できていません。
 ウィルスに感染した食品を取扱った人を介して更に食品が汚染されたことが
 原因であるケースも多いと考えられています

 ただ、食品が特定されている中で多い原因の1つとしてノロウィルスに汚染された二枚貝があります。
 生や加熱不足のまま食べることで食中毒が発生します。
 

~ ノロウィルスに感染しないための3つのポイント! ~

 ①手洗いをしっかり!
   特に食事前、トイレの後、調理前後は石鹸でしっかり洗い、流水で十分に流しましょう

 ②人からウィルスを貰わない!
   家庭内や集団生活している施設でノロウィルスが発生した場合は
   感染した人の便や嘔吐物からの二次感染を防ぐ必要があります
   乳幼児や高齢者の下痢便や嘔吐物にノロウィルスが含まれていることがありますので
   おむつ等の取り扱いに十分注意しましょう

 ③ウィルスを食べない!
   1.加熱調理する食材は中心部までしっかり火を通しましょう

    二枚貝などノロウィルス感染のおそれのある食品の場合、ウィルスを失活させるには
    中心部が85度~90度で90秒以上の加熱が必要とされています。

   2.調理器具や調理台は「消毒」して、いつも清潔に
    まな板、包丁、食器、布巾など使用後はすぐに洗いましょう
    熱湯(85度以上)で1分以上の過熱消毒が有効です
 

~ ノロウィルスに感染したら ~

 このウィルスには現在有効な抗ウィルス剤はありませんので
 通常対処療法が行われています。

 特に体力の弱い乳幼児や高齢者は脱水症状をおこしたり、体力を消耗しないよう
 水分と栄養の補給を充分に行いましょう。
 
 ※下痢止めは病気の回復を遅らせる場合がありますので使用しないことが望ましいです